会社概要|マンションやビルの修繕・リニューアル工事ならマサルへ

  1. >> HOME
  2. >> 会社概要

会社概要

社名 株式会社マサル
設立 昭和32年9月30日
資本金 885,697,200円
役員 代表取締役社長
取締役副社長
常務取締役
常務取締役
取締役
取締役
取締役
社外取締役
常勤監査役
監査役
監査役
苅谷 純
操上 悦郎
齊藤 誠一
山﨑 栄一郎
近藤 雅広
高橋 聡一郎
勝又 健
七海 覚
大木 信雄
近藤 忠憲
柴谷 晃
売上高 9,974百万円(平成27年9月期実績)
株式 東京証券取引所(JASDAQスタンダード)に上場
(証券コード 1795)
株主優待情報 当社では毎年3月31日及び9月30日現在の当社の株主の皆様に
株主優待として、「ジャンボ宝くじ」をご送付申し上げております。
・3月31日現在 1000株以上 サマージャンボ宝くじ10枚(7月)
・9月30日現在 3000株以上 年末ジャンボ宝くじ10枚(12月)
主要取引銀行 みずほ銀行 横山町支店
三菱東京UFJ銀行 深川支店
りそな銀行 日本橋支店
三井住友信託銀行 東京営業部
名古屋銀行 東京支店
社員数 97名(男79名・女18名)
所在地 〒135-8432 東京都江東区佐賀1丁目9番14号
第1営業部
第2営業部
技術本部
協力会社育成室
管理本部
TEL 03-3643-3641
TEL 03-3643-5904
TEL 03-3643-5913
TEL 03-3643-3641
TEL 03-3643-5859
たてもの改装部 TEL 03-6880-9030
営業種目 シ-リング防水、防水全般、リニューアル、止水工事
外壁調査・診断、外壁汚染対策工事・クリーニング工事
建設業許可 国土交通大臣許可(特-24) 13991号
建築士事務所登録 株式会社マサル一級建築士設計事務所
東京都知事登録第41358号
ISO認証取得 ISO9001 : 2008(JISQ9001 : 2008)

このページの上に戻る▲

沿革

1957 昭和32年 現相談役 苅谷 勝 が当時建設業界において、建築物の防水処理の必要性が認識され始めたことに注目し、建物防水工事を目的として、昭和32年9月30日、江東区森下にマサル工業株式会社を設立。
設立資本金500千円。
1959 昭和34年 本社を中央区日本橋人形町に移転。
PCプレハブ建築防水工事・アスファルト防水工事に着手。
1964 昭和39年 資本金1,000千円に増資。
1966 昭和41年 本社を中央区日本橋蠣殻町に移転。
1968 昭和43年 日本初の超高層ビル三井霞ヶ関ビルのシーリング防水工事を施工、
他社に先駆け建物シーリング防水工事のノウハウを取得。
シーリング材混練機「ミキスタ」を共同開発。
1971 昭和46年 シーリング自動ガンを共同開発。
1972 昭和47年 本社ビルを江東区佐賀に建設・移転。
1977 昭和52年 シーリング材混練機「A型ミキスタ」、
同真空脱泡型混練機「250型ミキスタ」を共同開発。
シーリング材の汚染性研究開始。
1979 昭和54年 資本金20,000千円に増資。
海外(エジプト)へ技術指導員派遣。
株式会社マサルエンジニアリングを設立。リニューアル工事開始。
1980 昭和55年 資本金25,000千円に増資。
創業者 苅谷 勝 東日本シーリング工事業協同組合理事長就任。
1981 昭和56年 資本金30,000千円に増資。
外壁カーテンウォールのガラスの映像調整方法として
「ガラス固定方法と資材(オプセル)」を共同開発。
1985 昭和60年 スーパーブラスト工法(メカス)開発
1989 平成元年 マサル工業株式会社から株式会社マサルへ社名変更。
資本金72,490千円に増資。
1991 平成3年 株式会社マサルエンジニアリングと合併。本社社屋新館完成。
資本金89,956千円に増資。
1992 平成4年 資本金314,497千円に増資。
1993 平成5年 創業者 苅谷 勝 日本建築学会文化賞と建設大臣表彰を受賞。
同人 日本シーリング工事業協同組合連合会会長に就任。
1994 平成6年 日本証券業協会に株式を店頭公開。(ジャスダック)
資本金885,697千円に増資。
1995 平成7年 阪神・淡路大震災発生。
被災建物の調査復旧のため関西地方に多くの社員、作業員を派遣。
シーリング材自動計量吐出型混練機を共同開発。
1999 平成9年 創業者 苅谷 勝 黄綬褒章を受章。
DPGガラススクリーン目地用特殊ゴム開発。
2000 平成12年 第2代社長 操上弘昌(現会長)東日本シーリング工事業協同組合理事長就任。
ゴンドラ用衝撃緩衝材(エアプロ)開発。
2001 平成13年 組織変更により、支店を廃止し事業部制に改める。
ISO9002 認証取得
(シーリング事業部、防水建材部、リニューアル事業部)
協力会社 蓼沼康弘氏 国土交通大臣顕彰(建設マスター)受賞。
2003 平成15年 ISO9001:2000 認証取得(営業本部、シーリング事業本部、
防水建材事業本部、リニューアル事業本部)
2004 平成16年 マサル・ハイブリッド・ウォールシステム発売。
株式を(株)ジャスダック証券取引所に上場。
2006 平成18年 創立50周年。
組織変更により、各事業部の責任者に執行役員を配置。
現会長 操上弘昌 日本建築仕上学会学会賞受賞。
2008 平成20年 内部統制推進室を設置し、コンプライアンス体制及び内部監査体制を強化。
2009 平成21年 子会社(株)テクマを吸収合併。
内部統制推進室を廃止し内部統制室に改める。
2010 平成22年 第3代社長 苅谷 純 東日本シーリング工事業協同組合理事長就任。
ヘラクレス・JASDAQ・NEOの市場統合により「新JASDAQ市場」が開設。
当社の上場区分は「JASDAQスタンダード」。
2011 平成23年 組織変更により、事業部制を営業部制に改める。

このページの上に戻る▲

主な資格者一覧

1級建築士 1名 シーリング防水技能士1級 173名
1級建築施工管理技士 31名 シーリング防水技能士2級 59名
2級建築施工管理技士 19名 ウレタンゴム系塗膜防水1級 9名
1級建設業経理士 2名 ウレタンゴム系塗膜防水2級 6名
2級建設業経理士 4名 防水施工管理技術者(一種) 17名
シーリング管理士 59名 建築仕上改修施工管理技術者 15名
ITパスボート(旧:初級シスアド) 7名 建築仕上診断技術者(BELCA) 14名
労働衛生管理者(一種) 6名

このページの上に戻る▲

加入団体

全国防水工事業協会 ダイフレックス防水工事業協同組合
日本シーリング工事業協同組合連合会 日本セリノール防水事業協同組合
東日本シーリング工事業協同組合 東京都防水工事業協会
ゴムアスファルト防水工事業協会 UBE防水工業会
全国ビルリフォーム工事業協同組合 関東サンスター会
日本アスファルト防水工事業協同組合 関東ハマタイトSC会
マンションリフォーム技術協会 全日本外壁ピンネット工事業協同組合
ロンプルーフ防水事業協同組合 ミリオネート工業会
全国アロンコート・アロンウォール防水工事業協同組合 ナルコート工業会
ダイヤフォルテ防水工業会 コンクリート打継部処理施工研究会
関東防水管理事業協同組合 関東防水リフレッシュセンター

このページの上に戻る▲